事業案内

忙しいお母さんのお手伝いをし、文字通りお客様の台所になり代わり、
おいしくてからだにやさしいお惣菜を作る役割が生産本部です。

野菜加工部

入荷したばかりの新鮮で安全、安心な野菜を下処理する部門が私たち「野菜加工」です。お母さんが愛情をこめて野菜を包丁でトントンと切るように、野菜の状態を見ながらひとつひとつ丁寧に洗浄し、皮をむいてカットします。『野菜は生き物』わたしたちの職場は毎日が鮮度との戦いです。

煮加工部

丁寧にした処理された素材を、大きな釜で煮炊きする部門が「煮加工」です。その生産技術はまさに職人技。日々の気温や湿度で微妙に異なる素材の表情を読み取り、加熱の温度や時間などを微調整します。完全に機械化されたオートメーションにはない、手づくりの仕事ならではの真剣勝負です。わたしたちの職場では、今日も早朝からプロとしての妥協のない熱気が立ち込めています。

調理加工部

日々、数種類もあるサラダを生産する部門がわたしたち「調理加工」です。ポテトサラダやマカロニサラダに欠かせないマヨネースドレッシングも、なんと素材から自社で作っています。そのため、微妙な味の調整や"コレステロール0"などの特殊なドレッシング調合もお手の物。お母さんが愛情をこめてボウルの中の素材を混ぜ合わせるように、わたしたちの職場では毎日作り手の愛情であふれています。

SV部

真空調理法=スービットから、独自に「SV」と呼んでいます。サラダ・煮物・炒め物からスープ・ソースまで、包材に充填・殺菌しているのが私たち「SV部門」です。内容量は、80gの食卓用から1Kgの業務用まで、多様にあります。機械操作の多い部門ですので、機械君とは、親友以上に、何でもわかりあえる関係にあります。また、宅配でお客様に届けられる商品も多く扱っているので、やりがいと責任をもって製造しています。

包装(PC)部

できあがったお惣菜を様々な用途にあわせた容器に盛り付ける部門が私たち「PC」です。見た目でもおいしさを感じてもらえるように、ひとつひとつ丁寧にまごころを込めて盛り付けていきます。私たちの職場で働くパートさんは、家庭に戻れば妻や母である女性が大半です。大切な家族が口にするからだにやさしいお惣菜は、ここでまたたっぷり愛情とともに盛り付けられ、お客様の食卓に届けられます。

生産本部の魅力は?

生産本部は、製品を作るための原料の受け入れから、製造、出荷までを責任もってお客様にお届けする部署で、在庫管理、品質管理、製品管理、設備管理等、製造メーカーとして責任を担っています。食の安全が問われる中で、安心・安全な製品作りをより強化するために、総菜メーカーとして2016年2月には、ISO22000を取得する予定です。生産本部では、生産工場としての「あるべき姿」をスローガンに、役職者全員に、「気配り」「気遣い」をもって社員、パートさんに対応して、社員皆が、心豊かに、美味しい商品作りに取り組んでいこうと頑張っています。